ラヴソング3話のネタバレや感想!4話の考察まで

とうとう「恋」が見えてきたラヴソング!

パッと見た感じは三角形の恋があった気がします。

ネタバレも踏まえて書いていきます。

ラヴソングの第3話の内容

スポンサーリンク



前回は”7秒の勇気”を持つ話しでステージに立って歌う。

まででしたね。

練習をしながらさくらの気持ちはどうなのか!?

福山雅治はどんな心境を持っているのか?

3話で垣間見えたんではないでしょうか?

さくらは神代広平を好き!?

親友のマミに「デートっぽい」と言ったり

ステージに立つのは神代じゃないと嫌だとか

完全に好きの気持ちが走って行ってます。

多分さくらも気づいているでしょう。

3話の冒頭は2人の練習が多く見られました。

その間にもさくらは彼氏とデートをしているかのような表情を見せて

終始笑顔のさくら。

神代はいつもと変わらず接していて、昔の相方”春乃”を思い出しているのか

たまに遠い目をしながらさくらの歌声に酔いしれる。

ナツキとの三角関係!?


ナツキも昔のバンドメンバーで春乃の妹(?)であり、現在神代が居候している。

何故かナツキは神代に「患者との距離を考えなよ」

さくらには「陽性転移や恋愛転移といってあなたと神代先生はあくまでも先生と患者。それ以上でもそれ以下でもない」

など、さくらの気持ちを感づいたか好きの気持ちを消そうとする。

それは、ナツキが神代の事が好きなのか神代は心に決めた人がいるので無駄な感情を捨てさせようとしているのかはわかりません。

3話を見ただけではナツキは神代の事が好きなのかな?と思いました。

”7秒の勇気”ライブは大成功!?

ライブ前日にさくらは神代とナツキが一緒に暮らしている事を知り、ショックを受ける。

さくら、神代、ナツキの3人で歌のカウンセリングを受けている時に神代とナツキの世界に入り込めず

声が出なくなる。

必死にこらえようとするが当日、ショックは拭えない。

神代を呼んで2人で話す。

「先生の事を想いながら歌っていいですか?」

ほぼ告白に近い言葉ですね。

神代は「今夜はキミだけを想いながらギターを弾くよ」

と返す。

吹っ切れたようにさくらはステージで気持ちよく唄う。

4曲程唄って拍手喝采でライブは終える。

『アンコール』のコールが鳴り響く。

さくらは耳打ちで「唄いたい!」と言うも神代はステージを降りる。

一緒に唄えないとわかったさくらは、またショックを受けステージを後にする。

新しい登場人物水原亜矢

スポンサーリンク



ライブハウスにいた人物。

彼女はステージで唄うさくらの歌声をボイスレコーダーに録音してライブハウスを出る。

彼女の行った先はレコード会社である。

そこで彼女はダイヤの原石を見つけた。みたいな事を仲間に打ち明ける。

次回から水原が頻繁に出てくると思います。

ラヴソング4話の考察


4話はガラッと話しが変わると思います。

恋愛ももちろんですがさくらがレコード会社からスカウトを受けるんですから!

恋愛の方では、空一(菅田将暉)がさくらにキスをするシーンが出てました。

いきさつはわかりませんが、(多分水原の声)で「才能のある人の周りには足を引っ張る人がいる」

と言っていたのでそれが空一かな?

それとも神代かな?

ナツキは多分これからもカウンセリングをするでしょう。

ナツキの神代に対する気持ちに変化はあるのでしょうか?

最後の最後に神代は、「これで本当に引退」と言ってましたが、果たしてどうでしょう?

さくらとまたステージに立つ事があるんじゃないでしょうか?

感想です!

今回の月9はキュンキュンよりもしんみり見る感じですかね。

藤原さくらの歌声が好きなんで今回の話しは楽しく見れました。

ですが3話目で結構進展早いなとも感じました。

音楽と恋愛の二足わらじだからか恋愛の話しも早い気がします。

まだラストがどうなるか見当はつきませんが神代の気持ちが表れた時、またガラッと変わるんじゃないでしょうか?

これからも見逃せませんな!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする