大泣きする時に無呼吸!育児の悩み泣き入りひきつけとは


どもです♪
去年の年越しは友人宅で過ごしました。

すると友人の子供(もうすぐ3歳)が泣きだしました。

まぁ子供も多いし、良くある事やねぇ。と思いながらテレビを見てたらその子の名前を叫ぶ声が…

??どうしたんやろ?

て思い聞いてみたら、大泣きする時に呼吸をしなくなると言うのです。

え?どうゆう事?て思いました。

よくよく聞いてみると、どうやらその子は泣き入りひきつけを起こすんだそうです。

その子のお母さんは心配そうにし、滅入ってました。

確かに、子供が目の前で呼吸しなくなったら心配になり恐いですよね。

なので今日は泣き入りひきつけの事について書きたいと思います。

泣き入りひきつけはどのような症状?

泣き入りひきつけを知らない方、もしくは育児デビューしたママさん達の中で初めて見る方も多いと思います。

泣き入りひきつけとは

乳幼児が大泣きする時に息を吐いたまま呼吸停止し、顔色が悪くなり、意識消失、全身の脱力(ぐったり)、けいれんを起こす事を泣き入りひきつけと言います。

どのような時になるの?

泣く事が仕事の乳幼児には時に大きく泣く事があります。よく言われる「ギャン泣き」ですね。この時になる事がよく見られます。

他に、ビックリした時や急な転倒、かんしゃくを起こした時に症状が出る時があるそうです。

主な原因は?

何故このような事が起こるのでしょうか。

それは脳の発達が未熟な為、刺激に対しての対応がままならないので起こると言われています。

また、色んな原因によって強く泣くときに無呼吸になり脳が一過性無酸素状態となり意識消失や脱力、けいれんなどを引き起こす。

どのように対応したらいいの?

泣き入りひきつけを起こした際、通常は1分程で呼吸が戻ると言われてますので慌てず対応しましょう。

もしなった時は、体を寝かせて衣類を緩めて呼吸をしやすい状態にしましょう。そして目を離さず(時間が計れるなら計る)見守ります。

ここで体を強く揺さぶったり口の中に手を入れたりしないようにして下さい。強く揺さぶる事で頭蓋内出血を起こす事があるので絶対にやめましょう。

あまりにも無呼吸状態が続く場合は救急車を呼びます。

後遺症とかはあるの?

1日に何度もひきつけを起こす子供のママさん達は後遺症などが心配になりますよね。

まずはかかりつけの病院で診断します。

そこで「憤怒けいれん」と診断されれば身体自体は正常です。そこから、てんかんに変わるとか後遺症が残る事はありません。

泣き入りひきつけは成長と共に無くなっていきます。


まとめ

泣き入りひきつけを起こした時は慌てずに子供の様子を伺います。無理に呼吸をさせようとしない。

長ければ救急車を呼ぶ。

時間を計ってかかりつけの病院で診断を受ける。

後遺症は残らない。

親が泣かせまいと甘やかしたり物を与えたり子供の欲求のまま育ててはダメ。逆に望み通りにいかなければかんしゃくを起こし、ひきつけを起こす。

といった所でしょうか。皆さんの子供も泣き入りひきつけを起こしたら慌てずに対応しましょう^_^

最後まで読んで頂きありがとうございます。では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする